中村屋インドカリースパイシーチキンを空腹に一気に流し込む。う、うまい。さすが中村屋。濃厚なカレーというよりはさらさらとしたスープカレーです。あっさり味かと思いきやスパイシーなピリリとくる辛さ。程よい辛さといえばいいのでしょうか。後に残る辛みとジャガイモとチキンが癖になるカレーです。

スパイシーチキンの旨みのピリ辛カレー

あめ色玉ねぎとチキンの旨み。カレーではなく「カリー」と呼ぶところに中村屋のカレーに対するこだわりが伺えますね。ヨーグルトを隠し味に加えた、まろやかなスパイシーカリーの出来上がり。

辛味レベル 4

一袋 200g

カロリー 230kcal

原材料:ソテーオニオン、鶏肉、野菜(じゃがいも、しょうが、にんにく)、ソテーキャロット、食用油脂(ラード、なたね油)、カレー粉、酵母エキス、ヨーグルト、チキンエキス、小麦粉、合成清酒、オニオンエキス、ポークブイヨン、マーガリン、食塩、チキンブイヨン、バター、香辛料、でん粉、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル)、香料、香辛料抽出物、(原材料の一部に大豆を含む)

レビュー

食べた感想。具は大きくはないです。ジャガイモとチキンのゴロゴロ感が感じられないのは残念ですが、旨みたっぷりのルーは絶品でした。チキンも身は小さめながらしっかりとした歯ごたえを感じられ、この味が100円なら即sold outだろうなと。250円くらいが高すぎず安すぎない適正価格といったところかなーと思いました。

味は大人の辛口カレー。今でこそインドカレー屋が街のあちこちに乱立していますが、まだインドカレー屋がなかったころ、本場インドの味を求めて日本インドカレーの発祥の店、新宿中村屋に足繫く通ったのではないかと感慨に耽りました。「家庭では出せない本場インドの味に人々は感動したのだ!」ただ悲しいかな、今やナンをルーにつけて食べるスタイルのインドカレーは、もっともポピュラーな食べ物になってしまった。

このスパイシーインドカリーは「家庭で作るカレー」と「インドカレー屋のカレー」のちょうど中間に位置するカレーじゃないかと思います。悪く言えばどっちつかずですが…。まあ、四の五の言わず食すべしです。スパイシーなあと引く辛さが癖になること請け合いですよ。

新宿中村屋 インドカリー スパイシーチキン(200g)【新宿中村屋】