ひと口目、コーンビーフカレーかと思いましたが、何てことはない、ビーフが溶け出していただけでした。玉ねぎは多めだけど牛肉が薄っぺらいし、小さいのが玉に瑕。味は値段も398円と高いだけあってお店で出す本格的な美味しいカレーでした。

ふらんす亭 伝説のカレービーフと玉ねぎ中辛

辛味あり、甘味ありの美味しいカレーです。その分、カロリーも高め。このカレーは「ふらんす亭」という首都圏を中心に店舗展開している「ステーキ・ハンバーグ・カレーの専門店」のレトルトカレーになります。

辛味度 3

一袋 180g

カロリー 259kcal

原材料:野菜(玉葱、にんにく、生姜)、牛肉、糖類(砂糖、ぶどう糖果糖液糖)、食用油脂、小麦粉、醤油、カレー粉、チャツネ、脱脂粉乳、トマトペースト、食塩、ゼラチン、カラメル色素、調味料(アミノ酸)、酸味料(原料の一部に大豆、豚肉、りんご、卵を含む)

レビュー

値段的にもまずいわけはない。400円も出してまずかったらクレームものですからね。

驚いたのは玉ねぎが真っ黒いこと。牛肉は溶け出しているのに対し、玉ねぎがしっかりと原形をとどめていて溶け出していない。味は少し辛めですが万人受けしそうな感じがします。家庭では出せないクオリティーだと思いました。ただ量は少なめです。値段も同一な中村屋のビーフスパイシーカレーと良い勝負かな?どっちがうまいかは、正直、返答に困りますね。だた一点、違いがあるとするなら牛肉ではないでしょうか。この牛肉は中村屋のカレーの方が完全に勝っていると思います。味が甲乙つけがたいなら牛肉の大きさで中村屋に軍配があがります。

私は数年前、職場近くにあった中野駅前のふらんす亭に何度も通ったことがあります。ランチタイムにハンバーグ定食を頼めばカレーが食べ放題になりました。しかしここ数年、ふらんす亭には行ってません。不思議と思い出に浸り、またあの味が食べたくなりました。商品パッケージにも書かれている「あぁ またあのカレーが食べたい・・・」は嘘じゃなかったのです。ちょうど7年前、私が30歳のころの話。懐かしいようなそれほど懐かしくないようなそんな複雑な気持ちになりました。

ふらんす亭 伝説のカレービーフと玉ねぎ(中辛) 180g×6個