昭和37年発売のロングセラー「マースカレー」のレトルトです。オリエンタル独自のマースチャツネが旨みの要です。

オリエンタル マースカレー レトルト版

マースチャツネとは、マンゴー、りんご、干しぶどう、本場のスパイスを合わせたチャツネ(ソースまたはペースト状の調味料)です。

辛味度 3

一袋 200g

カロリー 248kcal

原材料:野菜(じゃがいも、玉ねぎ、にんじん)、牛肉、小麦粉、 食用油脂(豚脂、乳脂、大豆油)、チャツネ、砂糖、 カレー粉、リンゴペースト、粉乳、食塩、にんにく、 トマトペースト、野菜エキスパウダー、コーンスターチ、 ビーフエキス、ウスターソース、調味料(アミノ酸等)、 カラメル色素、酸味料

レビュー・評価

フルーツの甘みとスパイスの辛みが絶妙です。マースカレー、確かにうまいです。具の量も多く、牛肉も気持ち大きめです。レトルトカレーの王道的な味ですが、どこか深い味わいがあります。その味わいの元はオリエンタルチャツネなんでしょうね。

平凡な味ではない、チャツネのシャレた味のする、違いのあるレトルトカレーです。