カレー激戦区の大阪で行列が絶えない名店。大阪あまからカレーの代表格。フルーツの甘みと牛肉の旨み、スパイスの香りと辛味が広がる。大城シェフ渾身の絶妙の一皿です。

噂の名店 大阪あまからビーフカレー鮮烈な辛口

具は牛肉のみです。原材料にインスタントコーヒーが入っているのが面白いですね。

辛味度 5

一袋 180g

カロリー 244kcal

原材料:ハーブ煮込み牛肉(牛肉、食塩、香辛料、デキストリン)、ソテー・ド・オニオン、牛脂、砂糖、ココナッツミルク、チャツネ、野菜(人参、玉ねぎ)、香辛料、カレー粉、小麦粉、食塩、ポークエキス、昆布エキス、クリーム(乳製品)、ビーフブイヨン、乳糖、果糖、ぶどう糖、リンゴ酢、インスタントコーヒー、とうもろこしでん粉、増粘剤(加工デンプン)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酸味料、甘味料(アセスルファムK)、香料、(原材料の一部に大豆を含む)

レビュー・評価

ひと口目、甘いです。そしてふた口目、かなり甘いです。そして辛さが一気に押し寄せてきます。個人的には甘口カレーが苦手なのでおいしいとは思いませんが、味自体はおいしいと思います。とにかく激甘と激辛が交互にきて、癖になるといえば、癖になる味です。

甘さと辛さが対決(ケンカ)しているようなカレーです。私にはやっぱり苦手な甘さでした。せっかくなら甘さ無しで食べてみたかったです。