からだ満足STYLE 完熟トマトとカボチャの緑黄色野菜カレー中辛

スポンサーリンク

完熟トマトの酸味とカボチャの甘み。食物繊維18gも摂取できる!野菜の旨みあふれるレトルトカレーです!

からだ満足STYLE 完熟トマトとカボチャの緑黄色野菜カレー中辛

具材は各種野菜のみ。

価格(税別) 228円

辛味度 2

一袋 180g

カロリー 188kcal

原材料:野菜(かぼちゃ、人参、いんげん、赤ピーマン、しょうが)、難消化性デキストリン(アメリカ製造)、濃縮人参汁、ソテー・ド・オニオン、牛脂、小麦粉、トマトペースト、食塩、カレー粉、チーズフード、香辛料、ビーフエキス、ウスターソース、酵母エキス、酵母エキス調味料/調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工デンプン)、カラメル色素、香料、(一部に小麦・乳成分・牛肉・豚肉を含む)

レビュー・評価

野菜カレー、思った以上にうまい!想像以上に美味で驚き!カボチャもゴロっと入っていて、全部溶け込んでいない感じもグッド!初め、お肉の入っていないカレーってことで味を心配してたけど、意外とおいしくて本当にびっくり!

これ一食で一日分の食物繊維も取れるってもしかして一石二鳥!?でもでもよーく原材料のところを見てみると、難消化性デキストリン(アメリカ製造)って書かれてあった。何々?デキストリン??アメリカ??謎だったので調べてみたところ、大塚製薬株式会社のホームページに記載が!以下。


デキストリンって何?

難消化性デキストリンとは、読んで字のごとく「消化しにくいデキストリン」というわけですが、どういうものでしょう?

まず、トウモロコシのデンプンを焙焼し、アミラーゼ(食物として摂取したデンプンを消化する酵素)で加水分解します。その中の難消化性成分を取り出して調製した水溶性食物繊維が難消化性デキストリンです。

難消化性デキストリンは安全?

安全性はどうでしょうか。難消化性デキストリンについて、米国FDA(食品医薬品局)は、1日の摂取量の上限値を明確に定める必要がないほど、安全な食品素材であると認めています。また、消費者庁長官が許可する特定保健用食品(トクホ)の関与成分となっています。

過去の安全性を調べたヒト試験では、難消化性デキストリンを1日3回毎食前に10gを16週間にわたり摂取した結果、血圧などの生理学的検査値は変化を認めず、またその他の臨床検査値、特に血清タンパク質およびCa(カルシウム)、Mg(マグネシウム)、Fe(鉄)などのミネラル濃度について、難消化性デキストリン摂取が原因となる変化は認められなかったと報告されています。

さらに、試験期間中、下痢などの消化器症状をはじめ、とくに問題となる症状はみられず、安全であると報告されています。

https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/fiber/about/type/dextrin/

つまり安全ってことでOK!問題ナッシング!勉強になりました。これで安心してこのレトルトカレーが食べられる!やっほ!やっほ!やっほっほ!予想よりもうまし!な緑黄色野菜カレー!ダイエット中でも食べられる!わけないか!でもカロリー低めでうまくて食物繊維も取れるから一石三鳥!お得なカレーに大満足でした!


コメント