これが和牛オイルだ!銀座カリースペシャリテ濃厚ビーフカリー中辛 仕上げはバターモンテ

スポンサーリンク

伝統の二段仕込みブイヨンをベースに、フォンドボーと赤ワインのコクと香りを楽しむ。バターモンテとは、仕上げにバターを加えるフランス料理の技法。

銀座カリースペシャリテ濃厚ビーフカリー中辛 仕上げはバターモンテ

具は牛肉。

価格(税別) 258円

辛味度 3

一袋 180g

カロリー 274kcal

原材料:牛肉、カレールウ、牛脂、炒めたまねぎ、砂糖、ソテーオニオン(たまねぎ、りんご、香味油、にんにく)、トマトペースト、小麦粉、濃縮ブイヨン、ビーフペースト、食塩、フォンドヴォー、ウスターソース、ワイン、カレー粉、ビーフエキス、ブイヨンオイル、ガラムマサラ、たんぱく加水分解物、バター、植物油脂、酵母エキス調味料、クリーミングパウダー/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、香料、(一部に小麦・乳成分・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんご・ゼラチンを含む)

レビュー・評価

明治こだわりのロングセラー銀座カリー!

特徴は和牛オイルの上質な甘い香り!具材の牛肉が外国産なのは通常通り!ただしビーフオイルに和牛オイルを70%使っている点に好感が持てる!いち消費者としては全部和牛でやって欲しい!しかし企業の立場に立って、値段を上げずにどうやったら美味しく作れるか?を考えると、どうしても外国産に頼らざるを得ない!商品開発のジレンマ!

いろいろな調理法や材料を駆使して作られた、銀座カリー濃厚ビーフ。食べてみて、うん確かに奥深い味わいがある。具の牛肉の量も申し分ない。ただ驚くほどのうまさはない。安定したうまさと言うべきか。バランスのいい味だと思う。

結局のところ、様々な調理法やスパイスを加えるよりも、究極的にもっとシンプルにうまいカレーを作ろうとするならば、極端な話、カレーはルウと和牛だけでいい。それだけでうまいカレーは作れる。ただ和牛を使うと値段が跳ね上がるため、企業は創意工夫を凝らす。明治の今後に期待したい。


コメント