沖縄のご当地カレー、最高値更新です。驚きの720円です。もう値段だけ見たら専門店レベルです。そんな高級あぐーカレーを食べてみました。

沖縄ホーメルの美ら島あぐーカレー

あぐー(豚肉)は脂身多めです。切り方は分厚くて大満足でした。あぐーを初めて食べた感想として、残念だったことがあります。それは豚肉本来の旨み成分をあまり感じられなかったことです。たぶんルウの中にすべて溶け出してしまったのかもしれません。癖のない優しい味の豚肉でした。野菜は刻まれた玉ねぎとサイコロ状のじゃがいもと人参が入ってます。

辛味度 2

一袋 210g

カロリー 374kcal

原材料:豚肉、野菜(玉ねぎ、じゃが芋、人参)、食用油脂、小麦粉、カレー粉、砂糖、食塩、乳糖、ビーフ調味料、バター、トマト、チャツネ、オニオンペースト、粉末ソース、香辛料、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル)、香料、酸味料、(原材料の一部に牛肉、大豆、鶏肉、りんごを含む)

レビュー

うまいかまずいかで言ったら、うまいと思います。ただ前回、前々回と同様に、カレールウがすっぱいこと、それが非常に残念でなりません。

たぶんですよ。これは私の勝手な予想ですが、沖縄レトルトカレーを作っているこの沖縄ホーメルという会社、この会社のカレールウの作り方や技術がそれほど上手くないのではないか?と、思うのです。

私も本当は沖縄が大好きなので、沖縄のレトルトカレーを褒めちぎりたいところなんですが、いかんせん味がピンと来ないんです。理由は様々なレトルトカレーを食べてみて比較してしまっているからなんですね。他にも美味しいものがあることを知っちゃってるんです。だから、うまいだの、まずいだの、散々、批評してるんです。嫌ですね、とっても嫌な性格ですね。自分で自分を嫌いになります。でも、それでもやっぱり自分のバカ舌を信じるしかないんです。じゃないと、すべてを褒めなくてはならなくなりますから。

どんなカレーにも良い点と悪い点がある。その良い点は、このあぐーカレーでいえば、豚肉の大きさになります。それと値段が異常に高いってことです。このカレーは値段が高ければ美味しいわけではないという典型的なカレーですが、私はその値段が高いところが、ある種の魅力になっていると思うんですね。値段がバカ高いカレー。それがあぐーカレーなんです。会社名が沖縄褒めるをモジった沖縄ホーメルだけに、何とか褒めないとしょうがないってことなんです。困ったもんです。

美ら島あぐーカレー210g 沖縄ホーメル