大きめビーフ2つとジャガイモが2つ。酸味の利いた辛口スパイシーカレー。中村屋インドカリービーフスパイシーは大人カレーの王道です。

牛肉とジャガイモの存在感を味わえるカレー

カレーの王道といえばやっぱりビーフに限る。スパイシーな丁度いい辛さとお肉の存在感を感じられるカレーです。パッケージ裏に「真空調理されたビーフの旨みを食らいつくせ!」とは書かれていませんでしたが、そんな勢いを感じました。

辛味度 4

一袋 200g

カロリー 267kcal

原材料:ソテーオニオン、牛肉、野菜・果実(じゃがいも、りんご、しょうが、にんにく)、ソテーキャロット、カレー粉、トマトピューレー、食用油脂(なたね油、大豆油、ラード)、ヨーグルト、ビーフエキス、トマトペースト、食塩、ココナッツミルクパウダー、小麦粉、チキンエキス、ポークブイヨン、砂糖、ウスターソース、バターオイル、バター、香辛料、増粘剤(加工でん粉、キサンタン)、加工でん粉、着色料(カラメル)、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、香辛料抽出物

レビュー

前回のチキンカレーよりも肉感とジャガイモ感が増したようにも感じました。実際には同じ分量の肉とジャガイモなのでしょうが…。でもそう感じたのは言うまでもなく、カレーの王様ビーフカレーだからに違いない。はじめのひと口目は酸味が口いっぱいに広がり、後から辛味が追いかけてくる。食べた後も少しの間、辛味の余韻が残る。そんなカレーです。

チキンカレーもビーフカレーも同じようでいて似て非なるモノ。食せば濃厚なビーフの塊が味わえること間違いなし。少々酸味がきついのが私好みではないですが、酸っぱ辛いカレーがお好みの人ならば、打ってつけのレトルトカレーになるのではないでしょうか。体が火照るくらいのオリジナルスパイスを体いっぱいに飲み干せば、少々の悩み事など吹っ飛んでしまいそうになる。だが、そんなわけはない。だが、そう思わせてくれる。やる気にさせてくれる。そんなカレーであることは間違いない。中村屋恐るべし。

新宿中村屋 インドカリー ビーフスパイシー(200g)【新宿中村屋】